歴史・沿革

歴史

明治創業期
明治10年(1877年)創業の菜種油を扱う「油善」(弊社初代の大森善一郎の名を由来とします)は、この一宮で生まれ、躍動する明治の時代の中で大きく成長してまいりました。
二代目の大森喜代三郎は、大森花泉の名で詩人としても活躍いたしました。

大正~戦後復興期
時代に先んずるべく石油業に力強く進出いたしました。しかしながら、順調な発展も、戦時下の混乱により一旦中断されました。戦後復興期において、会社だけではなく、三代目の大森喜代三郎による音楽活動を中心として、地域社会の復興にも尽力いたしましたことは、弊社の誇りとするところです。

高度成長期~現在
モータリゼーションの時勢に乗り、更に発展してまいりました。石油業界の中で先進的な役割を果たすだけでなく、この時代においても、音楽活動による地域社会への貢献、更には四代目の大森一人が設立した軟式野球を通じての企業文化活動をも進めてまいりました。これからも、エネルギーを通じた地域社会への貢献に努めてまいります。

沿革


明治10年10月
前会長大森喜代三郎の先々代大森善一郎が、一宮で菜種搾油ならびに販売を始める。屋号は「油善」。
昭和3年
家の土間を改造してガソリンスタンドを造る。名古屋・一宮間での初めてのスタンド。
昭和12年12月
一宮給油所を開設。
昭和15年2月
愛知県石油販売株式会社一宮北配給所として役所指定。
昭和19年4月
石油配給株式会社一宮配給所として商工省指定。
昭和23年9月
法人組織に改組、株式会社大森石油店(現大森石油株式会社)を設立。三代目大森喜代三郎が社長に就任。
昭和24年4月
日本石油株式会社特約店。
昭和26年5月
名古屋桜通りにアメリカ式近代化大型サービスステーションを開所。
昭和37年
日本で初めて導入した、アメリカ製オートマチックノズル(自動停止給油機)を全国の給油所に販売。
昭和46年11月
日本初の地上移動式のエアー式オイルチェンジャーを開発、全国に販売。
昭和52年1月
大森喜代三郎代表取締役が会長に、大森一人が代表取締役社長に就任。
昭和53年10月
創業100周年。
昭和54年
一宮市より、音楽隊長としての大森喜代三郎会長に市政功労賞。
昭和56年4月
大森喜代三郎が勲五等瑞宝章を受賞。
昭和56年8月
名古屋陸運局長指定の民間車検整備工場を開設。
昭和57年11月
名古屋本社と一宮本店に機構変更。
昭和61年1月
大森石油株式会社名古屋本店を、名古屋市中区錦2丁目の豊島ビル10階に移転。
平成2年9月
オーモリニッセキ株式会社を設立。大森一人が代表取締役社長に就任。
平成3年9月
ゴルフショップ「アウトイン」一宮店開設。
平成6年3月
大森喜代三郎会長他界。「お別れの会」に1,500人参列。
平成6年10月
野球部、第49回国民体育大会(わかしゃち国体 成年2部)で全国優勝。
平成7年12月
オーモリウインドアンサンブルが上海市で中国上海音楽学院の正式招聘による日中文化・芸術交流演奏。
平成8年9月
野球部、天皇賜杯第51回全国軟式野球大会で全国優勝。
平成10年4月
セルフ給油店として全国第1号となった、オイル快速一宮店開所。
平成14年4月
大森一人代表取締役社長が藍綬褒章受賞。
平成15年9月
野球部、天皇賜杯第58回全国軟式野球大会で再度の全国優勝。
平成15年11月
野球部、第58回国民体育大会(わかふじ国体 一般A)で全国優勝。
平成15年12月
岐阜県第1号 日野店営業開始。
平成16年3月
本社を一宮市音羽町から一宮市丹陽町に移転。
平成16年4月
図書館通店開所(当社初の多機能セルフ店)。
平成19年6月
大森輝英がオーモリニッセキ株式会社代表取締役社長に就任。
平成19年7月
大森輝英が大森石油株式会社代表取締役社長に就任。
平成20年1月
DD玉ノ井店開所(コンビニ併設のセルフ店)
平成21年4月
DD太平店改造
平成21年8月
DD金山店改造
平成21年10月
DD一宮尾西店開所
平成21年11月
DD名岐バイパス一宮店改造
平成22年4月
DD浜町店改造
平成22年7月
DD尾張旭店開所
平成24年4月
DD下津店開所
平成25年1月
DD小牧原店開所
平成25年3月
DD治郎丸店開所
平成26年9月
DD北島町店開所

※肩書きは当時のものです。

企業理念
大森石油(株)
オーモリニッセキ(株)
沿革・歴史
ページトップへ